無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

私は信じてるから
グク
グク
ヒョン
ラプモン
ラプモン
全員集まったな
グク
グク
本当にごめんなさい…僕のせいで…
ラプモン
ラプモン
謝るのは俺たちじゃない
ラプモン
ラプモン
あなたに謝るんだよ
ラプモン
ラプモン
だから早く見つけに行くよ
グク
グク
はい!
ジン
ジン
それで、Lightの宿舎にもいなかったんだよね
ジュン
はい。いませんでした
ジン
ジン
他にあなたの行きそうな場所は僕達が探しに行ったけどいなかったよね
テテ
テテ
どこにいるんだろ
ラプモン
ラプモン
そういえばちょっと思い当たることがあるんだけど
ジン
ジン
なに?
ラプモン
ラプモン
前、CUBEの社長と、BIG HITの社長と、JYPの社長と一緒にご飯に行ったんだけどその時に変な事言ってたんだよ
ジン
ジン
なんて言ってたの?
ラプモン
ラプモン
あなたって言う人BIG HITのマネージャーなんだよねって
ラプモン
ラプモン
それで僕がなんであなたの事知ってるのか聞いたら、僕達の社長があなたの才能がすごいって言ったみたいで、
ラプモン
ラプモン
それでCUBEの社長はあなたのこと狙ってたんだ
テテ
テテ
狙ってた?!
ラプモン
ラプモン
そう。
ラプモン
ラプモン
だから、もしかしたらJYPにあなたがとられたから怒って事務所に無理矢理連れていったのかも…
グク
グク
じゃあ早く行きましょう!
ユンギ
ユンギ
そうだな
ジョシュ
あ、僕前CUBEにいたので道なら案内しますよ!
ホソク
ホソク
おー!頼もしい!
テテ
テテ
じゃあ行こう!



〜CUBE〜
you
you
んん…
あなたが目覚めるとそこは練習室のような場所だった
祐人
あ、あなたちゃん起きたー?
you
you
なんでここに。
祐人
んー、練習してもらうためかな
you
you
どういう…
祐人
あなたちゃんをここにずっと閉じ込めて練習させてデビューさせるの
you
you
いやです!
祐人
は?なに、口答えすんの俺に
you
you
いや…ごめん、なさい…
you
you
(グク早く助けに来て…泣)
祐人
あれ、なに泣いてんの
you
you
な、なんでもないです
祐人
そんなに僕が嫌?
you
you
嫌じゃないです…
祐人
いい子だね(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°
you
you
でもこのやり方は間違ってます
祐人
はぁ〜また口答えするの
祐人
そんな子にはお仕置きだから
ドン!
バン!
ボコッ
you
you
いたいっ!
祐人は顔ではなく服から見えないお腹を何度も殴ったり蹴ったりしてきた
そのためあなたは同じ場所を何度も殴られたりしているのでもうボロボロだった
you
you
こんなこと間違ってる…
祐人
これだけお仕置きしてもだめかぁ
祐人
本当に勇気あるねぇㅋㅋ
祐人
もしかしたらもうすぐしたら助けに来てもらえるとか思ってるの?
you
you
私はグク達を信じているので。
その時祐人が大声をあげて笑った
祐人
あっはっはっは!!!
祐人
馬鹿でしょ本当きみㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
祐人
流石に僕がそんなすぐ見つかるような場所に君を連れてくると思う?
you
you
じゃあここはどこなんですか…
祐人
君をここに閉じ込めるために作った場所
祐人
森の中奥深くの建物の中の地下
you
you
そうですか。
祐人
これで分かったでしょ
祐人
君を探している人達全員ここにはたどり着けないってこと
you
you
それはどうでしょう
祐人
どういうことだよ!
祐人
何を隠してる!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

정 유나
정 유나
今日からよろしくお願いします! ちなみに私はグクペンです!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る