無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第44話

もう話すことはない
you
you
ジンオッパ私、もうそろそろ帰るね
ジン
ジン
そっか
you
you
うん
ジン
ジン
Lightの他のメンバーはどうするのかな
you
you
私なんかと一緒に帰りたくないよね絶対…
ジン
ジン
そんなことないって!
ジン
ジン
Lightのメンバーには事情話そ?
you
you
そうする…
ジン
ジン
じゃあ帰る時に話したらいいんじゃないかな
you
you
そうだね
ジン
ジン
とりあえずあなたのマネージャーには連絡しといたから
you
you
え、リノオンニ?
ジン
ジン
なわけㅋㅋ
you
you
だよねㅋㅋ
ジン
ジン
じゃあ僕からLightのメンバーにあなたが帰るから一緒に帰れって伝えてくるね
you
you
ありがと*(^o^)/*
〜1階〜
ジン
ジン
あのさ、
グク
グク
あ、ジンヒョン
全員
グク
グク
どうしたんですか?
ジン
ジン
あなたがもう帰るからLightのメンバーも帰りな
ジン
ジン
マネージャーが車で迎えに来てくれるから
ジュン
はい
ジュン
わかりました。
ジンはまた2階に上がろうとした
すると
ガシッ
ジン
ジン
?!
グク
グク
話したいことがあるんですけど
ジン
ジン
なに?
グク
グク
あなたとはどういう関係ですか?
ジン
ジン
ごめん僕からは話せない
ユンギ
ユンギ
ヒョンなんでだよ
ジン
ジン
本当ごめん
テテ
テテ
また謝ってる
ジン
ジン
また時期が来たら話すよ
ジミン
ジミン
時期が来たら…?
ジン
ジン
うん
ジン
ジン
じゃあそれだけだから
ジン
ジン
もうあなたのマネージャー来たし
ジン
ジン
あなた呼んでくる
ホソク
ホソク
あれ絶対なんか隠してるね
ラプモン
ラプモン
僕もそう思った
ナミ
ナミ
でもジンオッパが隠し事って相当なことだと思うんだよね
テテ
テテ
たしかに
BTSのメンバーとLightのメンバー達が話していると
あなたとジンが話しながら降りてきた
グク
グク
あ、あなた
you
you
グク
グク
ねぇ返事くらいしてよ
you
you
な、なに…?
あなたの声は微かに震えていた
グク
グク
なんで、泣きそうなの
you
you
別に泣きそうじゃないし
グク
グク
てかもう泣いてるじゃん!
you
you
泣いてなi…
ギュッ
グク
グク
なんで泣いてるの
グク
グク
教えてよ
グクの声はとても優しくでも、どこか悲しそうだった
you
you
で…
グク
グク
ん?
you
you
んで…
you
you
なんで…
you
you
なんで優しくするの…泣
グク
グク
え?
you
you
私は私で頑張ってるのに、みんなを助けるために頑張ってるのに、なんで優しくするかな泣
グク
グク
どういうこと?
you
you
ごめん
you
you
何も無い
グク
グク
え、ちょっとあなた!
you
you
Lightのオッパ帰ろ
ケイ
いいの?
you
you
なにが?
ジョシュ
グクさんと話さなくて
you
you
もう話すことはないよ
ハミン
そっか…
マネージャー
マネージャー
まだかー?
you
you
あ、すぐ行きます!!
you
you
じゃあまたねジンオッパ!
ジン
ジン
あぁ。
Light
ではお邪魔しました

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

정 유나
정 유나
今日からよろしくお願いします! ちなみに私はグクペンです!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る