無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第60話

辞めないよな?
ユンギ
ユンギ
はぁはぁ…
ユンギ
ユンギ
あいつどこいったんだよ
ジュン
あれ、ユンギさんどうしたんですか
ユンギ
ユンギ
あ、ジュンあなた知らないか?
ケイ
あなたならさっき屋上行くとか言ってた気がするようなしないような
ジュン
あー言ってたね
ユンギ
ユンギ
ありがとう
ジュン
はい
Light
(あなた頑張れ)


〜屋上〜
you
you
はぁ…やっぱり思い出してくれなかったのかぁ
you
you
私の努力不足かなー…
you
you
なんで泣いてるの私…
you
you
私が辞めるって言ったのに…泣
you
you
辞めるってなるとやっぱりやだよ泣
ユンギ
ユンギ
何言ってんだよ
you
you
へ?ユンギ(゚ロ゚)
ユンギ
ユンギ
どんな顔してんだよ
you
you
なんで来たの?
ユンギ
ユンギ
お前を追いかけてきた
you
you
え、なんで…
ユンギ
ユンギ
ちゃんと俺の想いを伝えようと思って
you
you
ユンギ
ユンギ
やっぱりまだなにも思い出せてないんだ
you
you
うん、知ってる
you
you
だから私は思い出してもらおうと頑張った
you
you
でもっ!
you
you
私の実力が足りなくてユンギオッパは思い出せなかった
ユンギ
ユンギ
違う
you
you
何が違うの?
you
you
事実じゃん
ユンギ
ユンギ
あなたの実力は誰が見ても完璧なものだった
ユンギ
ユンギ
だけど、思い出せなかったのは
ユンギ
ユンギ
俺が心のどこかで思い出したいっていう気持ちがあったからだと思う
you
you
…泣
you
you
私のこと…嫌いなの?
ユンギ
ユンギ
そういうことじゃない
you
you
じゃあどういうことなの…
ユンギ
ユンギ
思い出したら何かの恐怖に支配されそうなんだ…
ユンギ
ユンギ
でも、あなたにはアイドルを続けて欲しい
ユンギ
ユンギ
その気持ちだけが溢れてくるんだ…泣
you
you
オッパ…泣
ユンギ
ユンギ
もう泣くな
you
you
オッパも泣いてるくせに(  ー̀εー́  )
ユンギ
ユンギ
これは泣いてるんじゃない汗だよ汗
ユンギ
ユンギ
走ってきたから
you
you
もー素直になればいいのにぃ( ≖ᴗ≖​)ニヤッ
ユンギ
ユンギ
なんだよその顔
you
you
いひゃいオッパはなひへ
(痛いオッパ離して)
あなたはユンギにほっぺをつねられた
ユンギ
ユンギ
早く帰るぞ
ユンギ
ユンギ
早くしないと置いてくぞ
you
you
えー!待ってよ!
あなたは出口に向かうユンギを走って追いかけた
するとユンギは急に立ち止まった
you
you
ったぁ!
you
you
急に止まらないでよー!
ユンギ
ユンギ
you
you
オッパ?
ユンギ
ユンギ
アイドル辞めないよな?
you
you
you
you
辞めないよ(*^^*)
ユンギ
ユンギ
ならよかった
you
you
本当に思ってるー?ㅋㅋ
ユンギ
ユンギ
思ってるよ
you
you
塩すぎてわからないじゃーん!
you
you
こっち向いてよぉ
ユンギ
ユンギ
やだ
you
you
なんでぇー
ユンギ
ユンギ
はぁもう早く行くぞ
そういってユンギは走ってBTSの楽屋に駆け込んでしまった
you
you
えぇー…
you
you
置いてかないでよぉ〜
ユンギはあなたがアイドルを続けていることに安心して涙を流したのは誰にも秘密だとか…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

정 유나
정 유나
今日からよろしくお願いします! ちなみに私はグクペンです!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る