無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

バスタブ入れとけばよかった
夢川
トイレ行ってくるから先に入っててー!
かめむし
かめむし
わかったー。




ボチャンッ

あ、バスタブ入れ忘れた!

まーいっか。






夢川
おじゃましま〜す。
かめむし
かめむし
あ…うん!



ガラッ
夢川
私も湯船入るー!

ボチャン
かめむし
かめむし
(バスタブ入れとけばよかった////)
夢川
ん?ねえ、かめむしー。
かめむし
かめむし
んー?
夢川
なんでかめむしのあそこちょっと
上がってきてるのー?
かめむし
かめむし
え…////
自然現象?かな////
触ったりするとなるんだ…
夢川
え!触るともっと上がるの??!
かめむし
かめむし
うん//
夢川
え!
ちょっと触らせて!
かめむし
かめむし
え…!
あなたはかめむしのあそこに頭を

近づけて触った。
夢川
ん?あんまり上がらないね〜
かめむし
かめむし
そんなすぐには上がらないかも〜
…んぁ!?
夢川
あ!ちょっと上がってきた!
かめむし後ろの付け根が弱いんだね!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛_♡
愛_♡
パスワードわからなくて会員登録したら アカウントが変わってしまったので こっちでまた書くので よろしくおねがいします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る