無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

あっ…やばっ
夢川
(さわっ
かめむし
かめむし
…っあ…ん…
夢川
どうしたの?
かめむし
かめむし
ううん//大丈夫!
夢川
やめた方がいいかな、、
かめむし
かめむし
大丈夫だよ//
夢川
わかった!今半分くらいしか上がって
ないんだけど、どうやったら上がる?
かめむし
かめむし
俺のをきゅって包むようにして…
夢川
こう?
かめむし
かめむし
あっ…やばっ…
かめむし
かめむし
そのくらいのっ…締め付けのま…ま
っん//上下にこすって…
夢川
(しゅっ
こんな感じ?
かめむし
かめむし
んっあ//…そ…う…
そのままあなたはたのしんで

続けていた。
かめむし
かめむし
ふぁっ…?んぁっ!
夢川
早くするとよく上がる!
かめむし
かめむし
あっ…んっ///
出る…っ!!
ビュルッ
夢川
わあ!なんか白いのでたよ?!
かめむし
かめむし
はぁはぁ…
それは…マホトとかに教えてもらって!///
夢川
わかったー!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛_♡
愛_♡
パスワードわからなくて会員登録したら アカウントが変わってしまったので こっちでまた書くので よろしくおねがいします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る