無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

分からない
はじめ
はじめ
マホトっ!
なに帰ろうとしてんだよ。お前も座れ。
マホト
マホト
えー。
俺いらんくね。
はじめ
はじめ
みんなで話した方がいいでしょ!
はじめとサイバが

ジュースを持って来てくれた。
はじめ
はじめ
じゃあ、まずなにがあったか教えて?
夢川
それが…
私、どうやってここに来たのか、
なんでここにいるのか分からないんです。
はじめとマホトは2人で一緒に

"えっ!?"といった。
かめむし
かめむし
俺らと会うまでの記憶がないんだよね
夢川
うん。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛_♡
愛_♡
パスワードわからなくて会員登録したら アカウントが変わってしまったので こっちでまた書くので よろしくおねがいします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る