無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

住むところ
夢川
私は、夢川あなたです。
この2人は優しい人達だ。

なぜか、そう思えた。
かめむし
かめむし
あなたはどうしてここにいるの?
夢川
なぜだか、わからないんです。
気がついたらここにいて。
サイバ
サイバ
え…?
夢川
信じられないですよね。
こんな話。
サイバ
サイバ
信じるよ!
かめむし
かめむし
俺が先に言おうと思ったのに
夢川
ふふっ
2人とも優しいんですね。
信じてくれてありがとうございます
かめむし
かめむし
っ////
(その顔はずるい)
サイバ
サイバ
あ、てかさあなた行くところないん
だったら俺らが住んでるとこ来る?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛_♡
愛_♡
パスワードわからなくて会員登録したら アカウントが変わってしまったので こっちでまた書くので よろしくおねがいします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る