無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

マホト
マホト
マホト
誰だよ。そいつ。
かめむし
かめむし
あなただよー。
マホト
マホト
ふーん。ま、よろしく。
夢川
よろしくおねがいします!
やっぱり迷惑だったかな…

そりゃ、突然来たら迷惑だよね…
はじめ
はじめ
元気出して〜。
マホトはいつもあんな感じだから!
私がショック受けてたのバレちゃったのかな。

でも、その言葉だけで元気が出た。
夢川
ありがとうございます。
はじめ
はじめ
じゃっ、そこ座って〜。
飲み物持って来るね。
サイバ
サイバ
あ、俺も〜
マホトは自分の部屋らしきところに

戻ろうとしている。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛_♡
愛_♡
パスワードわからなくて会員登録したら アカウントが変わってしまったので こっちでまた書くので よろしくおねがいします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る