無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第41話

これはこれで…
こすり始めると


透明な液が先端から出て来た。


そういえば、かめむしも出てた。


夢川
ね〜。マホト?
かめむしもだけど、この透明な液何?
マホト
マホト
んっ、い、やそれっ、は、、
教える、からっ、いっかいやめっ、、


〜マホトside〜


いや、聞くなよ。。


てか、この状態で答えられるわけないだろ


今あなた、液が気になるのか


すっげー先っちょ触って来てて、


本当にやばい。。


こすってからの先っちょは


マジで気持ちいい。






夢川
わかった〜。
一回やめるから教えて?
マホト
マホト
う、うん。ありがと。


いや、これはこれできついかも。


あなたの上目遣い可愛すぎだし。


何よりもう出そうなとこで


止められるのはきついわ。。


まあ、自分で言ったからしょうがない。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛_♡
愛_♡
パスワードわからなくて会員登録したら アカウントが変わってしまったので こっちでまた書くので よろしくおねがいします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る