無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

近い
夢川
差せないの?
かめむし
かめむし
うん。なんか絡みが悪いのかな?
夢川
大丈夫?
ちょっと貸して?
かめむし
かめむし
うん。
ーーーーーーかめむしsideーーーーーーー

近いっ!

すごいいい匂いする。

じぶんでも顔が赤くなっていくのがわかる。
夢川
あれ?つかないね。
ちょっとかめむしひざ借りるねー。
そう言ってあなたは、かめむしの膝に

胸を乗せるようにして、

シートベルトを着けやすい体型になった。

でもその体型は、、

かめむしとサイバに胸が丸見えの状態だった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛_♡
愛_♡
パスワードわからなくて会員登録したら アカウントが変わってしまったので こっちでまた書くので よろしくおねがいします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る