無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

肉じゃが
ごはんは、その日の担当が作るように

分担されている。

今日は、あなたが作る番。

夢川
何作ろっかな〜、
みんな何がいい?
サイバ
サイバ
肉じゃが!
夢川
じゃあ、肉じゃがにしよっか!
サイバ
サイバ
うん!//
(あなたの笑顔かわいすぎて//)








〜できた〜





サイバ
サイバ
うま!!!
マホト
マホト
ね!!うますぎ!
夢川
ありがと//
ん?かめむしボーッとしてどうしたの?
マホト
マホト
(お、あなたが照れてる)
かめむし
かめむし
ん…あ、ううん!大丈夫!
夢川
なら良かった!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛_♡
愛_♡
パスワードわからなくて会員登録したら アカウントが変わってしまったので こっちでまた書くので よろしくおねがいします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る