無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

マホト優しい
夢川
いやいや!迷惑かけちゃうから!
マホト
マホト
大丈夫だよ。
他に行くところないでしょ?
言い方は少しきつめだけど、

その言葉はとっても暖かかった。
夢川
はい…
よろしくお願いします!
サイバ
サイバ
うん!でも俺の部屋めっちゃ汚いからな〜。
マホトの部屋は〜?
マホト
マホト
俺は部屋っつーか、このビル自体
にいることが少ないからな〜。
はじめ
はじめ
たしかにそうだね〜
サイバ
サイバ
じゃあ、かめむしかはじめのどっちがいい?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛_♡
愛_♡
パスワードわからなくて会員登録したら アカウントが変わってしまったので こっちでまた書くので よろしくおねがいします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る