無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

吸血鬼
グルッペン
グルッペン
ここが紅魔館…
トントン
トントン
でけぇ…
ガチャと大きく高貴なドアを霊夢は躊躇いなく開ける
霊夢
霊夢
入るはよー
魔理沙
魔理沙
遊びに来たぜ〜
あら、お客さん?
後ろの二人は見ない顔ね
トントン
トントン
と、トントンです…
ドアの向こうには赤いステンドグラスの前に
人影が見える
グルッペン
グルッペン
グルッペンだ
咲夜
咲夜
十六夜咲夜よ
咲夜
咲夜
ここでメイドをしているわ
咲夜
咲夜
お嬢様をお呼びしますね
必要ないわよ、咲夜
あ!!グルッペーーーン!!
良かった来た…
奥の通路から三人が顔を覗かせた
トントン
トントン
あ!!
オスマン
オスマン
ちゃんとこれためうね!!
ひとらんらん
ひとらんらん
レミリアさんの言う通りだったね
グルッペン
グルッペン
ひとらん、オスマン、ここに居たのか
トントン
トントン
あ、の誰や?その人
自己紹介が遅れたわね
レミリア
レミリア
この館の主レミリア・スカーレットよ
レミリア
レミリア
よろしくね、トントン、グルッペン
トントン
トントン
!?なんで名前…
ひとらんらん
ひとらんらん
俺らが教えた
グルッペン
グルッペン
だろうな
トントン
トントン
あ、あぁなるほどね
霊夢
霊夢
レミリア、他は?
レミリア
レミリア
そう急かさないの
レミリア
レミリア
咲夜、みんなを呼んできて
咲夜
咲夜
かしこまりました
魔理沙
魔理沙
他の奴らは?話によると残り10人?か
オスマン
オスマン
俺らは見てないめぅ
グルッペン
グルッペン
どこかで迷っているのか?
霊夢
霊夢
はぁ…わかったわよ、連れてくればいいんでしょ
魔理沙
魔理沙
お、私も行くぜ
レミリア
レミリア
お願いね