無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第112話

ninetyone
you
you
ちょ、ちょっとぐく!((ボソッ
jungkook
jungkook
…だめ?
you
you
…いいよ//
jungkook
jungkook
やったぁ

もう冷めちゃったかなって思ってたから




こう言うの余計に嬉しい…




やっぱ好きだわ…
jungkook
jungkook
うん、俺も
you
you
えっ
you
you
聞こえてたかぁ…//
jungkook
jungkook
(まじ可愛い)

2人後列にいたから視聴者にはバレなかったってよ。




でも見てる奴がいましたよ←
ミニョン
ミニョン



そんなこんなで収録終了←




みんな
お疲れ様でしたー!
jungkook
jungkook
あなた、あのs
ミニョン
ミニョン
グクオッパ!!
ミニョン
ミニョン
お疲れ様でしたッ
jungkook
jungkook
あぁ、ミニョンちゃん
jungkook
jungkook
おつかれ
ミニョン
ミニョン
オッパのステージかっこよかったです
jungkook
jungkook
ありがとう
ミニョン
ミニョン
オッパこの後空いてますか?
ミニョン
ミニョン
ご飯食べ行きたいです…
jungkook
jungkook
あーごめん、今日はあなたとデート
jungkook
jungkook
だからまたね。
ミニョン
ミニョン
あ、はい…





jungkook
jungkook
あなた〜
you
you
あ、グク
jungkook
jungkook
今日ご飯いこ
you
you
うん!行く!
jungkook
jungkook
後で楽屋行くね
you
you
おけー
ミニョン
ミニョン
ミニョン
ミニョン
…もう、なんなのッ((ボソッ