無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第145話

hundred twentyone


ドッキリ①

楽屋のお弁当が甘々よりの甘←


ユリ
ユリ
はい、あなたお弁当
you
you
わぁ!梅干しのってる!!
you
you
日本(梅干し)大好き←
you
you
いただきます!
you
you
ん~おいs…?
jungkook
jungkook
あなたどした?
you
you
今日のお弁当なんか甘くない?
ナナ
ナナ
そう?普通だよ?
you
you
じゃあ私の口の中に砂糖がいるのかな?

あなたちゃん突然の四次元発言
v
v
そういうときあるよね~

四次元には理解できるみたいです
you
you
うん!おいしい!モグモグ
jimin
jimin
…ㅋㅋㅋ
you
you
ん?ひひんあひあおもひほいお?(ジミン何が面白いの?)
jimin
jimin
なんでもないㅋ
you
you
へんはほ(変なの)
jungkook
jungkook
いま一番おかしいのはあなただよ((

ジョングク氏みんなの気持ちを代弁してくれました!


ぱくす👏👏👏👏


you
you
水とってー


さすがに甘かったのかあなたちゃん水要求
ナナ
ナナ
…はい!
you
you
さんきゅ!
you
you
ゴクゴク
you
you
…グォホッグォホッ((
you
you
なんかこれも甘いんだけど…
ナナ
ナナ
気のせいだよ!

そうです、ナナが渡したのは砂糖水です←

you
you
んーそっか!
you
you
ゴクゴク
you
you
グォホッグォホッ
you
you
…うん、やっぱ甘いわ


あなたちゃんへのドッキリはまだまだ続く!!!