無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

seventeen
コンコン保健室ノック
ジョングク
ジョングク
失礼しまーす
you
you
あれ!先生いない!残念!じゃあ戻ろう!

ぐいっぐくに引っ張られる
you
you
ふぉっ!?
ジョングク
ジョングク
手当てするから座ってて
you
you
😠
ジョングク
ジョングク
なんもないとこで転ぶとかほんと바보ㅋ
you
you
うるさいっ!
you
you
てか、ぐく筋肉あるんね
ジョングク
ジョングク
んーまぁ
you
you
筋トレとかしてんの?
ジョングク
ジョングク
まあちょっとは
ジョングク
ジョングク
ダンベルは持ち歩くようにしてる←
you
you
は?
you
you
ちょっと、いやかなり変人だね
ジョングク
ジョングク
おい
you
you
ㅋㅋ
you
you
すごかったよ、私のことひょいって持ち上げて
you
you
かっこよかった…((小声
ジョングク
ジョングク
あなた軽かったから(かっこよかったって…聞こえてるから…//)
you
you
ほんと筋肉バカなんだね
ジョングク
ジョングク
うっせぇ
ジョングク
ジョングク
よし!できた
you
you
ん、ありがと
you
you
教室戻るか
ジョングク
ジョングク
だな



優しいとこもあって、

バカな話ができて

一緒にいるだけだ笑顔になれて

筋肉バカで←








でも







なんだかんだ言って























かっこいいジョングク



























私はこいつが好きなんだなって思ったのは

私だけの秘密。