無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第127話

hundred four
jungkook
jungkook
やほ!
you
you
わ、グク!
you
you
ね、見てこれ
you
you
ファンレターが今までで一番多いよㅋ
jungkook
jungkook
すげぇ
jungkook
jungkook
しかも中にもたくさん書かれてる
you
you
そうそう
jungkook
jungkook
これは?

そう言ってグクがとったのはあの封筒
you
you
あ、それは…
jungkook
jungkook
…させん、か?
you
you
ぽいよね
you
you
でも、今までにも何回かあったし
jungkook
jungkook
まあそうだけど
jungkook
jungkook
なんかあったら言えよ?
you
you
うん
jungkook
jungkook
もう頼られないのは嫌だからね?
jungkook
jungkook
ちゃんと相談してよ??
you
you
するって!ㅋ
jungkook
jungkook
んㅋㅋ
jungkook
jungkook
じゃあそろそろ行くね
you
you
うん!ありがと!


グクがいてよかった




改めてそう思った






何日か経って、あのサセンのことは忘れていた頃

医者
ご飯おいときますね〜
you
you
はい!ありがとうございます
you
you
スープだ、おいしそ


スプーンでスープをすくうとそこには


you
you
は…
you
you
がびょう…?