無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第42話

thirtyeight
jk side
you
you
んっ…
ジョングク
ジョングク
あなた!?
you
you
ジョングク
ジョングク
あなた!?
ジョングク
ジョングク
…あなた…
医者
…また、何かあったら呼んでください
ジョングク
ジョングク
はい…
ジョングク
ジョングク
あなた
ジョングク
ジョングク
戻ってきてよ…
ジョングク
ジョングク
覚えてる?あなたが転校してきたときのこと
ジョングク
ジョングク
転校してきてすぐに好きな人いる?とかって聞いてきたよなㅋ
ジョングク
ジョングク
あなたに一目惚れしたなんて言えるわけないからさ
ジョングク
ジョングク
みうみが好きっていう演技したんだ…ㅋ
ジョングク
ジョングク
俺は最初からあなたが好きだったよ
ジョングク
ジョングク
あなたはいつから俺のこと思っててくれたの?ㅋ
ジョングク
ジョングク
俺は一目惚れしてからどんどん好きになってったんだ
ジョングク
ジョングク
ちょっとした仕草にもキュンとして
ジョングク
ジョングク
隠すの大半だったんだからね?
ジョングク
ジョングク
テヒョンとかジミナのことが好きなの方思ってたから
ジョングク
ジョングク
告白OKしてくれたときはほんとにびっくりだったㅋ
ジョングク
ジョングク
あの時は勢いでかかっちゃったからさ
ジョングク
ジョングク
ほんとはかっこいい告り方とか考えてたのにㅋ
ジョングク
ジョングク
ジョングク
ジョングク
…あなた
ジョングク
ジョングク
なんで…あなたが…
ジョングク
ジョングク
ジョングク
ジョングク
…覚えてる?
ジョングク
ジョングク
一緒にホラー映画見た時
ジョングク
ジョングク
あなた強がってたけど、泣いてたでしょㅋ
ジョングク
ジョングク
そーゆーとこも可愛かったㅋ
ジョングク
ジョングク
遊園地行った時は
ジョングク
ジョングク
お化け屋敷行ったねㅋ
ジョングク
ジョングク
これもまたすっごい怖がって
ジョングク
ジョングク
ずっと俺の腕に抱きついてた
ジョングク
ジョングク
こっちはおばけなんかよりあなたにドキドキしてたよ?
ジョングク
ジョングク
一緒に乗ったジェットコースターは楽しかったな
ジョングク
ジョングク
あなたもおれもジェットコースター好きだから2人で爆笑しながら乗ってたよねㅋ


思い出話をしてたら、あなたが目を覚ますんじゃないかって思って





ずっと話してた







あっという間に時間は過ぎた






あなたが倒れてから6日








医者には一週間目を覚まさなかったらもうダメと言われてた






あと一日





あなた

















目を覚まして