無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第102話

eightyfour
you
you
ユリ
ユリ
落ち着いた?
you
you
うん…グスッ
ナナ
ナナ
なんかあった?
you
you
…アンチがね、ㅋ
ナナ
ナナ
…あぁ、流石にひどいよね
ユリ
ユリ
…そーだよ!あそこまで酷く言う必要ないのに!
you
you
ありがと…
you
you
なんか、泣いたらスッキリしたわ!
ナナ
ナナ
ほんと?
you
you
うん!ありがと本当に
ユリ
ユリ
…なんかあったら相談してよ?
you
you
…もちろん
ユリ
ユリ
…よし、じゃあどっかにご飯食べいこ!
ナナ
ナナ
まじ?やった!
you
you
よし!ユリのおごりね!
ナナ
ナナ
いぇぇい!!!
ユリ
ユリ
え、ちょ、まt
you
you
焼き肉ー!
ナナ
ナナ
寿司ー!
ユリ
ユリ
ちょっとぉ…









.
ユリ
ユリ
ね、ナナ、(ボソッ
ナナ
ナナ
何?(ボソッ
ユリ
ユリ
あなた、絶対まだなんかあるよね(ボソッ
ナナ
ナナ
それ思った(ボソッ
ナナ
ナナ
話してくれてもいいのに…
ユリ
ユリ
ちょっとずつ探ってみよ
ナナ
ナナ
そだね








更新遅くなってごめんなさい🙇‍♀️


風邪やったんよ(えせ方言←)


ため書き(?)が役に立ちました。