無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第128話

hundred five
you
you
運ぶ時とかに落ちちゃったのかなㅋ


病院もっとしっかりしてよ〜



最初はそう呑気に考えていた



でも、不可解なことは続くわけで




スリッパが一個なかったり



病室の鍵が壊れてたり



生けたばっかの花が枯れてたり

you
you
ほんとなんなの

サセンと関係あるのかな、?



そう思うようにもなってきて



確信に変わったのはある日の朝

you
you
うわッッ

目の前に赤いスプレーで書かれた




"5"




そして、ビリビリに破かれたカーテン

you
you
やっぱサセン…


心が強い方の私だけど、流石に怖い




震える手でスマホを手にとって、よく使う項目中から選んで電話をかけた


???
よぼせよ?
you
you
グク…ッ
jungkook
jungkook
あなた???どうした??
you
you
助けてッ…