無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第77話

sixtyfive
ユリ
ユリ
これで、会見を終わりたいと思います
v
v
ありがとうございました
you
you
(だめだ…)
you
you
(クラクラする…)


みんなで立ち上がって、お辞儀をした



なんとか歩けそう



出口に向かうナナに続いて歩こうとした




パッ




急に視界が真っ白になって




足が体を支えきれなくなった


you
you


天井が見えたからと思ったら、どんどん遠くなってく



やばい、倒れる





ガシッ







床に倒れた




そう思ったけど、違った

jungkook
jungkook
大丈夫か
you
you
グク…
you
you
ごめん、ありがとう…
jungkook
jungkook
歩ける?
you
you
うん


ふらっ

jungkook
jungkook
大丈夫じゃないじゃん
you
you
ごめん
you
you
さっきから視界g

ふわっ と 体が持ち上がった


jungkook
jungkook
楽屋まで運ぶから
you
you
ちょ、
you
you
まだ記者の人とかいるけど!!!
jungkook
jungkook
今発表したしいいじゃん
you
you
そっか(切り替え早)


ニヤついてるメンバーのことは見えないふりをして←
楽屋に戻った



ナナ
ナナ
おかえり!
ユリ
ユリ
どうしたの?
you
you
貧血かな、多分ㅋ
ナナ
ナナ
そっかぁ 
でもいちゃいちゃできたじゃん^^
ユリ
ユリ
良かったじゃん^^
you
you
^^💢
v
v
Twitter見て!!!
ナナ
ナナ
お前いつからいたんだよ←
jimin
jimin
うわ!荒れてる!
ユリ
ユリ
お前もいたのかよ←
jungkook
jungkook
やば
you
you
お前もk
jungkook
jungkook
俺はあなたを運んだじゃん!!!
you
you
そっか☆




______________________


よろぶん!!!!!

いつのまにか☆がもう88…😭

ありがとうございますほんとに😭


♡が600ぅぅぅぅぅぅ(

👁も15,000越え…😭


感謝感謝です😭

ほんとにありがとうございます

よろぶんの♡と☆で作者生きてます←

これからもよろしくお願いします🙏





感謝したくなって書きました(唐突)