無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第108話

eightynine

jm side

jimin
jimin
はぁ…


あなたは昔から、1人で抱え込んじゃうから…




みうみの時もそうだった。




優しすぎるんだよ、あなたは。


ユリ
ユリ
ジミン
ナナ
ナナ
どうだった?
jimin
jimin
ああ…


実を言うとたまたま見たんじゃない。





ユリとナナに頼まれてあなたのこと探ってた





てかあの2人あなたがおかしいことよく気づいたな( '-' )

jimin
jimin
実はミニョンちゃんが…
jimin
jimin
~~
ユリ
ユリ
はああああああ!?
ナナ
ナナ
何それ!みうみじゃん!←
ユリ
ユリ
懐かし
jimin
jimin
でも、グクには言いたくないって
ユリ
ユリ
まあ、そう言うよね、あなたは
ナナ
ナナ
うん…
ナナ
ナナ
…私らで守ろう。
ユリ
ユリ
そうだね
jimin
jimin
テヒョナは、すぐ言いそうだから黙っとこう←
ナナ
ナナ
そうしよ←
ユリ
ユリ
大丈夫かな…
ナナ
ナナ
3人いれば大丈夫だよ
jimin
jimin
うん
jimin
jimin
絶対守ろう