無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

twentyeight


それからしばらくは平穏な日常が続いた。













もうあの手紙こともほとんど忘れてた
















そんな時だった
you
you
え…?


登校して目に入ってきたのは















黒板にある殴り書きの文字















"あなたは前の学校で子供を堕したことがある"



남자
これ、ほんとかな?
여자
あなたちゃんやばくなぁい?
you
you
ちがう…
みうみ
みうみ
え…あなた…((フフ
you
you
そんなことしてない…
ジョングク
ジョングク
おはよー!
ジミン
ジミン
おはよー!
ナナ
ナナ
あれ?みんなどうしたの?
みうみ
みうみ
みてこれ!
ナナ
ナナ
なにこれ…
みうみ
みうみ
あなた、そんなことしてたの…?
ジミン
ジミン
え…
you
you
違う!!そんなことするわけないじゃん!!、
みうみ
みうみ
ねぇぐくぅ
みうみ
みうみ
あなたちゃんやばくなぁい?
ジョングク
ジョングク
ほんとなのかよ
you
you
…え?
ジョングク
ジョングク
そんなことしてたのか?
you
you
違う!違うよ!?
ジミン
ジミン
ごめん、ちょっと出てくわ
you
you
you
you
ねぇ、なな!ななは信じてくれるよね?
ナナ
ナナ
ナナ
ナナ
ちょっと私も席外す
you
you
ジョングク
ジョングク
俺もちょっと
ジョングク
ジョングク
堕ろすとか無理




クラスの人は無理でも










いつめんなら


















私を信じてくれると思ってた
you
you
どうしてこんなことになるの…!