プリ小説

第5話

3話
寧々 の 目 が 覚めたのは ほぼ 奇跡 の 割合 らしい 。

喋る ことは まあまあ できるように なった 。

手足は まだ 固定 されて いる 。

多分 このまま だと 寧々 は 車椅子 生活 らしい 。

” コ ン コ ン ”

寧々 今日 も 誰か が お見舞い に きたよ 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

UNICORN🦄💜
UNICORN🦄💜
よろしくお願いします