無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

101
2021/07/06

第10話

なな
モブ子ちゃんが亡くなってから1週間。
みんな気持ちを切り替えて現実を受け入れている
でも私はそれが出来ない
モブ子ちゃんの笑顔を思い出す度に涙が出てくる
神楽あなた
ッ…
私ってダメだなぁ…
命に終わりがあるのも分かっている
でも
でもッ!
五条悟
おい
この言葉でハッとした
神楽あなた
…!なんでしょうニコ
私…ちゃんと笑えたかな
五条悟
…お前最後に寝たのいつ
神楽あなた
3日前でしたっけ
五条悟
はぁ…
五条悟
行くぞ
神楽あなた
え、
えなにどこ行くの
五条悟
掴まって
神楽あなた
…?
よく分からないが言われた通りに掴まった
急に風が吹いたと思ったら場所が変わっていた
神楽あなた
え、
五条悟
ここは高専。僕の職場、って言ったらいいかな?
五条悟
とりあえず行くよー
神楽あなた
え、
五条悟
しょーこ
家入硝子
げっ
五条悟
え酷くない?()
家入硝子
隣のやつは誰
五条悟
あ、妻のあなたでぇす
家入硝子
妻!?
家入硝子
本当なのかあなた!?
神楽あなた
一応…多分…
家入硝子
…どうしたんだあなた
家入硝子
なんかあったか?
神楽あなた
いや別に、
家入硝子
…悟でてけ
五条悟
えぇ!なんで!?
家入硝子
いいから出てけ
五条悟
ちぇ…わかったよ
五条が出ていき
家入硝子
で、何があった
家入硝子
悟が私のところに連れてくるなんてよっぽどだぞ
神楽あなた
…実は、
私は全てを話した。担当していた子が私の到着が遅れたことで亡くなったこと。なにも頑張れないこと。
家入硝子
…そうか…辛かったな
家入硝子
あなたが良かったらなんだが私とここで働かないか?
神楽あなた
え、
神楽あなた
五条様に相談してみます、
家入硝子
決まったらまたここに来てくれ
神楽あなた
はい、
神楽あなた
失礼します
後ろを振り返ると家入さんが手を振っていた
神楽あなた
…五条様
壁にもたれかかっていた彼に話しかける
神楽あなた
私、ここで働いてもいいでしょうか
五条悟
…いいよ
五条悟
けど
五条悟
目、やられないように気をつけてね
神楽あなた
、?はい




切り方不自然とか言わないで🥺
そしてコメントちょうだい🥺
絶対ね🥺