無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

106
2021/07/06

第5話

さん
はいどうも皆さんお馴染みの神楽あなたです()






私非常識な人嫌いなんですよね((
てことで逃げようと思っております()
ちなみに今は夜中の3時
神楽あなた
(荷物持ったし…よし!!!)
できるだけ音を立てないようにドアノブに手をかけた













つもりだった←
ギイィ…



















なんで音出すんだよッッッ(
神楽あなた
(あやべ終わったわ←)
神楽あなた
(とりあえず強行突破!!!←)
廊下にでたらまたあの蒼色の目をした男性が立っていた










…誰だっけこいつ←
あー、五条悟だっけ?
五条悟
なにしてんの
色々考えたら向こうから話しかけてきた
神楽あなた
あいやえっと…
えどうしよ
五条悟
…何その荷物
五条悟
逃げんの?
はいバレたー()
神楽あなた
…そうですね。
五条悟
…ふーん
五条悟
神楽家の名に傷つくけどいいの?w
五条悟
長女が婚約断った挙句に逃げ出した、ってw
神楽あなた
ッ…
それ言われたら何もできないじゃん()
神楽あなた
申し訳ございませんでした。
五条悟
わーったよ。とりあえず寝な
神楽あなた
五条様は寝ないんですか、?
五条悟
俺任務ー
神楽あなた
何時頃お帰りになられますか、?
五条悟
さーね。僕のことはいいからあなたは寝なさい
いやこいつおかんかよ()
神楽あなた
そうですか…行ってらっしゃいませ。…お気をつけて
五条悟
ん、ありがと
五条悟
じゃ、行ってくるよ
神楽あなた
ペコ
はー
















最悪