第10話

ナンパから助けられてみた(トド松編)
602
2021/04/10 16:09
あなた

(*^^*)私、服とか決めてもらうの久しぶりかもー!

トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
そうなのー?あなたちゃん可愛いからなんでも似合うねぇ!あっ、これとか可愛いんじゃな〜い?
2人で服を買いに来たトド松とあなた
服が決まったので買った服をそのまま着ていくことに







外に出る
トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
(*^^*)いい服買えてよかったね〜
あなた

うん!…あっ、ちょっと買いたいものあるからまってて〜!

トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
わかった〜(^-^)
買いたいものがあると、トド松から離れたあなた
あなた

う〜ん、トド松くんが喜んでくれそうなものー、(。-_-。)

トド松の喜ぶ顔が見たいと思った貴方は、トド松が喜びそうなものを探している
と、そこに
謎の男
謎の男
あっ、そこのお姉さん〜、
あなた

……あっ、私のことー?

謎の男
謎の男
そうです!何か捜し物?
あなた

はい!、

謎の男
謎の男
そっかー、お茶でもしようかと思ったのになぁ、
あなた

お茶?

謎の男
謎の男
おっ、今からでも少しだけお茶しに行かない?
あなた

でも、捜し物が…

謎の男
謎の男
いいじゃん、ちょっとくらい!
あなた

…えーっと( ; ; )

どうすればいいのか困ってしまい、泣きそうになる貴方、
と、その時
トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
あっ、あなたー!居たいた〜
あなた

……トド松くん…!(涙)

謎の男
謎の男
チッ、誰だよお前!
トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
僕?僕はトッティーだよ〜?
そ、れ、と〜!
謎の男
謎の男
あ”?
トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
誰だかどうでもいいけど…あなたちゃんを泣かせたのがお前なら(小声)
謎の男
謎の男
っ……
トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
許さないから〜^^*
トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
だから……もう二度とあなたに近づくな喋るな……^^*わかった?(小声)
謎の男
謎の男
ひっ……っなんだよ…(タッタッタッ)
トド松が、あなたに聞こえない声で男に色々と言い、見事に追い払い、男には逃げていった


その後
トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
大丈夫だった〜?
あなた

うん!ありがとー!

トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
どういたしまして〜!
あなた

あと、なんかすごい勢いであの男の人走っていったけど、トド松くん、なんて言ったの〜?

トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
ん?僕の方が1番あなたにお似合いだってことを教えただけだよ〜!^^*
あなた

ふ〜ん、そっか〜!(顔真っ赤)

トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
うん!…//
あなた

帰ろっか〜!

トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
うん、帰ろ〜!
あなた

あっ、そうだ、

トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
ん?
トド松のために選んだ喜びそうなプレゼントを取りだし、渡す
あなた

はい、プレゼント〜!

トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
あっは、ありがと〜!嬉しい〜!
あなた

よかった〜!喜んでもらえて〜

トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
うん!でも、
トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
僕は、あなたがいつも一緒に居てくれるだけで嬉しいよ……///
あなた

っ……///

トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
何かあったら…//いつでも僕に言ってね!
あなた

うん…//(///_///)

2人とも顔を真っ赤にして見つめあう
トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
あっは、顔真っ赤だよー?…///(*-∀-*)
あなた

と、トド松くんも顔真っ赤だよ……//

トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
じゃあ、一緒だね…//!^^*
あなた

そうだね…//!^^*

っと、会話をしながら2人で帰ったのだった










ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーキリトリーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あい(主)
あい(主)
<(_ _)>ごめんなさーーーい!!
トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
!?何?
一松
一松
何かやらかしたの……?
チョロ松
チョロ松
何に対しての謝罪なの!?
十四松
十四松
なになに〜!?どしたの〜!?野球するの〜!?
トド松(トッティー)
トド松(トッティー)
十四松兄さん、野球は今関係ない!
カラ松
カラ松
どうしたんだ?
おそ松
おそ松
なになにー?イキナリ〜!
あい(主)
あい(主)
1週間くらいサボってました〜!(>_<)
十四松
十四松
アッハハ!いつもの事じゃ〜ん!!
チョロ松
チョロ松
もう、サボっても別にいいと思うよ?
一松
一松
この小説なんて……待ってる人なんて居ないだろうし……
あい(主)
あい(主)
グサッ=(´□`)⇒

そうだよね……待ってる人なんていないよね(´;ω;`)
カラ松
カラ松
そんなに落ち込むなマスター
フッこれから頑張っていけば必ず待ってくれるfan(ファン)が現れてくれるだろう( ・´ー・`)
あい(主)
あい(主)
カラ松〜!(ノД`)
うぉっし!頑張る!!

いつか!!
チョロ松
チョロ松
いや、今から頑張れよ
あい(主)
あい(主)
えー、だって絶対またサボるし
おそ松
おそ松
まぁ、いいんじゃね?w 
あい(主)
あい(主)
そうそう!
チョロ松
チョロ松
ホントにいいのかなぁ。まぁいっか!
十四松
十四松
はい!じゃあおしまい!!!
六つ子
六つ子
バイバイー!
あい(主)
あい(主)
バイバイ(´ー`)/~~

プリ小説オーディオドラマ