無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

#失恋
莉犬side
莉犬
莉犬
グスッ……ヒック………グスッ……
俺はあれからずっと泣いていた
未だに雨は降り続けている
莉犬
莉犬
どうして……グスッ
莉犬
莉犬
嫌だぁ……グスッ……ヒック
(なまえ)
あなた
大丈夫?
莉犬
莉犬
グスッ……ヒック……
(なまえ)
あなた
こんな所で居たら風邪引いちゃうよ
(なまえ)
あなた
はい!傘どうぞ
そう言い俺に傘を差し伸べたのは1人の少女だった
✂️--------キリトリ--------✂️