無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

#秘密
あなたside
莉犬
莉犬
いいんですか!?
隣で笑っているこの子は莉犬くん
私の"幼なじみ"である
昔は"りーくん"と呼んでいた
だが、色々あり彼には昔の記憶がない
だから当然 私のことも忘れている
君はいつになったら思い出してくれますか?
3人で過ごしたあの夏の10日間のことを___
✂️--------キリトリ--------✂️