無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

#
今でもあの日のことはしっかり覚えている



私達の関係が壊れた日



いや、正しくは壊された日



あの日の後のことはあまり覚えていない



後から聞いた話ではしばらく部屋に籠ったらしい



ある日突然、笑顔で部屋から出てきたって



それからはいつも通り時が過ぎていった



まるで何事もなかったかのように__