無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

ツンな2人(坂田銀時

街中がピンクや赤と染まるこの時期

指を絡ませたり、腕組をしたりとあちらこちらでイチャイチャとハートを飛ばす集団(言い換えるとするならば、2人組、couple)の中を1人ズカズカと突き進む



一言コメントをするならば
あなた

ばせろリア充

銀ちゃん
んな怖えーこと言うなよ

ピクッと肩が上がったのは不可抗力だ
急に背後から声をかけられたのだから仕方ない
あなた

銀ちゃんだって同じ様なコト思ってんじゃないの

彼女何か居ないくせに、と言えば
銀ちゃん
銀さんはモテモテです~~
銀ちゃん
今はたまたま彼女を作らないだけで女には困ってませ~~ん


あぁ、、、うん、


あなた

夢は寝てみなさい

銀ちゃん
どういう意味だコラ!
張った押すぞ!とかなんとか言う銀ちゃんを置いて先へ進んだ





ハッキリ言って
残念ながら銀ちゃんはモテる
 顔は広いしやる時はやる人で周りから一目おかれている
そんな銀ちゃんに惚れている私も其処らに居る町娘の1人だろう

そして手作りのチョコを用意する私も、、、ハァァとため息しか出なかった

バレンタインは明日
あなた

何を夢見て期待をしているのか、、、

部屋にうずくまっていればいつの間にか日付が変わっていた