無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

*

今日で半年になりますね
"月命日"
貴方の瞼の裏にうつる
貴方がこの残酷な世界で最も愛する人
愛しい人
あなた

会いに行かれないのですか。

土方
てめぇには関係ねぇよ
あなた

沖田さんが薄情ものだとおっしゃっていましたよ。

ただえさえ眉間にシワを寄せているのに
一層深く刻まれる
何時も日が近付く度に
行き場をなくしたように空を見上げるのに
何で素直にならないのか
何で会いに行かないのか
あなた

大切な方が会いに来てくれるのは誰もが嬉しいことなんですよ。

台拭きをかける手を休め
食堂を出ていく背中に声をかける
寂しいことをそう簡単に言わないであげてください
土方
部外者が知った口振りをするな
床が軋み足音が遠ざかる
あなた

部外者___だからこそ、ですよ。