無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

*
書斎に戻り報告書の確認をとる
目線を外せば身だしなみに気を使うようにと
局長が置いていった鏡
かっちりと首もとが少し苦しく感じる平隊服
世界をうつす蒼の瞳
純白何か無い
嘘で固められた白
あなた

この色は嫌いだ

紅の取れない緑の髪
貴方が黄色をまとうたびに
私の染まる紅はおちることを知らない
今井
あなた仕事
今井
今日は黒との賭け事よ
無表情?
いや、分かりやすい
それほど長い付き合いになるのか
あなた

そうですね
どの対の色になるでしょうか

楽しそうに目をほんの少し細める副長
口角をあげ対を考える










次はどの色に染めてくれるのだろう