無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

20
2019/06/24

第2話

貴方は、森を見て、何色を思い浮かべますか。



大抵の人は、緑、と答えるのだと、私は思います。


でも、私は、その質問をされた時、答えられる自信がありません。

何故なら、森には、森の。
その木から零れてくる木漏れ日の。
全ての色が、好きだから。


ふと、森へ行きたくなった。


木の色、草の色、太陽の色。
全てに囲まれて、今日も暮らしたいな。




────────────────────
亜璃珠
亜璃珠
木漏れ日!
なんだ、このいい響きの言葉は...!
ふと、森へ行きたくなりました。