無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

11
2019/11/22

第8話

キライ、キライ、キライ
ねぇ 知ってたの?
ボクがキミをキライだって
分かってたの?
キミもボクをキライってこと
ねぇ 知ってたよ
キミがボクをキライだって
分かってたよ
ボクもキミをキライなコトを

カンタンに口から溢れる
あぁ もうどうしようもないな
仕様がないから言ってしまいましょう?
互いに 相手をミテ?

キライだ キライだ キライだよ
キミがキライ
あぁもうヤダな ヤダな もうヤダな
投げ出したいね
キライだ キライだ キライだ
そんなキミがキライ
知ってたのに 分かってたのに

ねぇ 知ってたよ
キミがボクをスキなんだって
分かってたよ
ボクもキミをスキなコトを
ねぇ 知ってたの?
ボクがキミをスキなんだって
分かってたの?
キミもボクをスキだってこと

カンタンにコエに出来ない
あぁ もうどうしようもないな
仕様がないから言ってしまいましょう?
互いに 相手をミテ?

スキだ スキだ スキだよ
キミがスキだ
あぁもうヤダな ヤダな もうヤダな
抱き締めたいね
スキだ スキだ スキだよ
そんなキミがスキだ
知ってるから 分かってるから

キライだ キライだ キライだよ
キミがキライ
あぁもうヤダな もうヤダな もうヤダな
投げ出したいね
スキだ スキだ スキだよ
そんなキミがスキだ
知ったから 分かったから

そう
知ってたの
分かっていたの
---------------------
亜璃珠
亜璃珠
これは歌詞を書こうと思って書いたものです!
まぁ、作曲出来ないんですけどね(笑)