無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

740
2018/05/26

第8話

ごめんね…
週末
あなた

お邪魔しまーす!
え…先輩達なんでここに…?

テオ
あなたちゃん…?
じん
どゆこと?
みや
みんなで話し合おうって思って
妹子
私たちがしくみました
説明中
妹子
…で、あなたは先輩達に嫌われたかもって思ってるんだよね
あなた

うん…

テオ、じん《え…》
みや
あなたちゃんごめん!!!
俺たちと関わったら、亜美たち今度は何するかわかんないから1回距離おこうってみんなで決めたんだ。
でもあなたちゃんの為とか言っといて逆に俺達が傷つけてたなんて全然気づかなかった。
ほんとごめん!
あなた

……😢😢

妹子
あなた?大丈夫?
あなた

よかった…嫌われてなかったんだ…

テオ
嫌うわけないよ!俺もあなたちゃんと話せなくてめっちゃ辛かった。
じん
何回も話しかけようと思ったけど、これがあなたちゃんの為だと思って…
みや
また遊びに行きたいけど、今度は何言われるか…
あなた

私なら大丈夫です!
ほかの人にいじめられるより先輩達と話せなくなる方が辛いです。
それに今、先輩達や妹子が私の味方でいてくれるって確認できたんで、あんな人達に負けません!

妹子
すごいね。あなたは。
そうだよ。私はあなたの味方だよ!
じん
うん。もし辛いことがあっても、俺が必ず迎えにいくよ
みや
大丈夫だからな
テオ
ずっと味方でいてやるよ
あなた

ありがとうございます…☺️

妹子
よし!この話は終わり!!
ここならその…亜美さん?達に見られる心配もないから、全力で楽しもう!
あなた

うん!

その日は最近のモヤモヤが嘘だったかのように全員で涙が出るほど大笑いしたのでした。
そして、この5人は今までよりもっと仲がよくなりました。