無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

691
2018/05/30

第12話

素直になれない
あなた

あ…ありがとうございます😊

テオ
どういたしまして😊
テオ
じゃあまた明日ね!
ばいばい!!
あなた

こちらこそ本当にありがとうございました!
さよなら!!

やばい。恥ずかしすぎて逃げてきちゃった…
めっちゃ緊張した。過去一で緊張した。
あなたちゃん、すごく驚いた顔してた。でも笑って受け取ってくれた。これは、嬉しかったって捉えていいよね?喜んでもいいよね?
びっくりして、嬉しくて、今にも泣き出しそうで、何も言えなかった。
あんなに照れてるテオ先輩初めて見た。
私、ちゃんとお礼言えてたかな…
もっとちゃんとありがとうって言えばよかった。めっちゃ嬉しいって伝えればよかった。
あぁ、素直な気持ち伝えるのって難しい…
次の日
テオ
あ、あなたちゃん、お、おはよっ!
あなた

お、おはようございます!

妹子
おはようございまーす
妹子
ねぇ、なんかいつもと違くない?
昨日のお出かけでなんかあったな😏
あなた

え?いつもと一緒だよー🙄

妹子
君たちわかりやすすぎww
誰がどう見てもいつもと違うから!w
あなた

例えばどこが?

妹子
なんかやけにおどおどしてるし、わたしもいんのにあなたにしか挨拶しないし…
妹子
昨日のこと詳しく聞きたいから今日部活帰りにマックでもいこ!
あなた

う、うん

女1
ねぇちょっと!
あなた

は、はい!私ですか?

亜美
そう。君。
テオくんが、今日の部活終わりに話したいことあるから体育倉庫に来てって言ってたよ
あなた

え、ほんと…ですよね?

女2
は?亜美が嘘ついてるっていうの?
あなた

いやいやそういうわけじゃ…
わかりました!ありがとうございます!

亜美
どういたしまして🙂