無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

753
2018/05/25

第7話

これからどうする?
みや
……みたいな事があった。
じん
そっか…
テオ
俺たちのせいであなたちゃんに辛い思いさせちゃったんだ…。
じん
もっとたくさん遊びたかったけど、あんまり俺たちと関わると次は何されるかわかんないね。
みや
様子見でしばらく必要なこと以外は関わらないようにした方がいいかもしれない。
テオ
あなたちゃんのためにはそれが1番だよね。
テみじ《あんまり話せないのか…辛いな…》
数日後
あなた

ねー妹子、あなたさ、最近テオ先輩達に避けられてる気がする…
嫌われちゃったかな…

妹子
思い当たることでもあるの?
あなた

特にないけど…

妹子
んー、なんでだろ🤔
今度お兄ちゃんに聞いてみよっか?
あなたの考えすぎかもしれないし
あなた

うん。お願い

みや、妹子の家
妹子
お兄ちゃん、ちょっといい?
みや
急にどしたw深刻そうな顔して
妹子
あなたがね、お兄ちゃん達に嫌われちゃったかもってめっちゃ落ち込んでたよ
みや
え…
妹子
やっぱり避けてるんだ
私には言えない事?
みや
えっと…実は…
説明中
みや
……みたいな事があって、3人で話し合って1回距離おこうってなった
妹子
そんなことが…私何も知らなかった…
みや
ごめん。妹子にも話すべきだったね
妹子
まあ私の話はいいや。今はこれからどうしていくか考えなきゃ
みや
そうだね
妹子
今のままじゃ誤解されたままだし、みんな辛いよね
みや
正直、俺らもめっちゃ辛かった
妹子
とりあえず、みんなで話し合おう。いい?
みや
うん
妹子
じゃあ今週末、私はお兄ちゃんいないってあなた家に呼ぶからお兄ちゃんも2人をうちに連れてきて
みや
分かった