無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

778
2018/05/22

第4話

カラオケ②
1時間後
みや
おまたせー
妹子
どーもー
テオ
お!やっと来たか!
妹子ちゃんはじめまして!テオです!
じん
じんです!よろしくねー!
妹子
妹子です!お二人の話はお兄ちゃんとあなたから常々聞いておりますw
あなた

ちょ、妹子ー

テオ
へ〜あなたちゃん俺らの話してるんだ😙
みや
その話俺も初めて聞いた
妹子
先輩達の話ばっかりですよw
テオ先輩かっこよかったーとか、じん先輩優しかったーとか…
私聞き飽きましたもんww
じん
そうなんだ〜なんか嬉しいな😁
テオ
もっと頑張ろ💪
みや
え?俺は?
あなた

みや先輩の話もしてますよ!

妹子
むしろ1番多いよねw
それを聞く私の身にもなれっつーのww
あなた

ごめんってwいつもありがと!😉

テみじ《まって、めっちゃ嬉しい//////》
妹子
私トイレ行ってきまーす!
あなた

あ、あなたも行くー

トイレ
あなた

ねえ妹子ー、テオ先輩たちなんでうちらの事誘ってくれたのかな🤔

妹子
なんでって?
あなた

だってさ、他にも仲いい人とかあの3人のこと狙ってる人とかいっぱいいるじゃん?

妹子
え?それ本気で言ってる?
あなた

うん

妹子《こいつまじかwあの3人あからさまにあなたのこと気に入ってるやん!気づかないとかかわいすぎかw》
あなた

妹子?

妹子
あ、ごめん。とくに深い意味はないんじゃない?何となく〜みたいなw
あなた

だよね〜

妹子《いや、だよね〜じゃないから!w》