無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

714
2018/05/31

第13話

誰か…
あなた

テオ先輩?どこですかー??

ほんとにいるのかな…
ガラガラガラー!
あなた

!!!…テオ先輩?

バシャン!!!
あなた

ひゃっっ!!!!
なにこれ…水?

女1
残念だったね
テオくんなら来ないよ
もう帰っちゃったと思うからw
あなた

亜美さんたち…
やっぱりそういう事ですか…

女2
無様な姿!!wwwwwwwwwwww
絶対負けない………
あなた

なんですか?言いたいことがあるんならどうぞ!私は逃げも隠れもしませんよ

亜美
ムカつくんだよ!
お前みたいなブスがなんでテオくんと2回も遊びに行ってんの??
私はテオくんが好きなの!!!
あなた

そうですか…
その気持ち、直接テオ先輩に伝えましたか?

亜美
つ、伝えてないけどそれが何か?
あなた

正直な気持ち伝えるのって難しいですよね…
私もまだ言えてないです。言うチャンスたくさんあったのに…

あなた

でも私、亜美さんと同じくらい、ひょっとしたら亜美さん以上にテオ先輩のこと好きですよ

亜美
は、はぁ??何様なんだよお前!!
マジでムカつく。しばらくここで大人しくしてな。明日になったら出してやるからwww
女1
じゃあねぇ〜www
女2
ばいばぁ〜いwww
ガチャ
あなた

え?え?ちょ、待ってください!
待っててば!!!

亜美
大丈夫。あんたなんかのこと助けに来る人なんかいないからwww
とりあえず誰かに連絡…
……スマホ部室だ
こんな時に…最悪
てか、明日になったらって言った?
てことは朝までこのまま?服ビショビショなのに?ご飯もないのに?寝る場所は?
あ、マットあるわ…
じゃなくて!
どうしよ…
寒い…暗い…怖い…誰か…