無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

515
2021/08/28

第15話

🍷
ㅤㅤㅤㅤㅤ➷
ㅤㅤㅤㅤㅤ➷
   わぁ 、、、





こんなに豪華なご飯は見たことない、、、








ㅤㅤㅤ🐰
ㅤㅤㅤ🐰
  そんなに? ㅎ
ㅤㅤㅤ🐰
ㅤㅤㅤ🐰
   ただジャムがあるだけじゃん
ㅤㅤㅤㅤㅤ➷
ㅤㅤㅤㅤㅤ➷
  いやだって、、私
ㅤㅤㅤㅤㅤ➷
ㅤㅤㅤㅤㅤ➷
   パンはただ買ってるだけだし
ㅤㅤㅤㅤㅤ➷
ㅤㅤㅤㅤㅤ➷
   しかも駅で食べてるし
ㅤㅤㅤ🐰
ㅤㅤㅤ🐰
  ぷっ ㅋㅋㅋそれ本当?
ㅤㅤㅤㅤㅤ➷
ㅤㅤㅤㅤㅤ➷
   本当だってば
ㅤㅤㅤㅤㅤ➷
ㅤㅤㅤㅤㅤ➷
   笑わないでよ ㅎ ////






そんなこと言って自分も笑っている







懐かしいな






昔もこんな風にしょうもないことで笑ってたよね






ㅤㅤㅤ🐰
ㅤㅤㅤ🐰
  あー、、 ㅋ やっぱりあなたちゃんと喋ってると
ㅤㅤㅤ🐰
ㅤㅤㅤ🐰
  元気でるわ~ ㅋ







そう言ってまた兎みたいに可愛く笑う彼







ㅤㅤㅤㅤㅤ➷
ㅤㅤㅤㅤㅤ➷
   (可愛い ㅋ)
ㅤㅤㅤ🐰
ㅤㅤㅤ🐰
  、、、、、、




コーヒーを飲んでいたグクはカップを置くと






ㅤㅤㅤ🐰
ㅤㅤㅤ🐰
   今、、可愛いって言った?
ㅤㅤㅤㅤㅤ➷
ㅤㅤㅤㅤㅤ➷
   えっ 





私は冷や汗が止まらなかった







だって昔と一緒の







不良だった頃の顔をしていたから