無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

147
2021/07/04

第3話

⋆͛📢⋆


今日も憂鬱な一日が始まる。

重い体を起こしてリビングへ向かう。
(なまえ)
あなた
ん、


私はそう挨拶をしてリビングに入った。
ジミン
ジミン
うわー、来たよ。
グク
グク
ほんとだ。別に起きなくて良かったのにw
テテ
テテ
ほんとそれな。
ヘソン
ヘソン
まーまー、そう言わずに
ホソク
ホソク
もー!ヘソンは優しすぎるよ
ヘソン
ヘソン
そんな事ないって
ナム
ナム
でも、ほんとに優しすぎるよ?
ヘソン
ヘソン
んー、、
ユンギ
ユンギ
もっと怒ってもいいんだぞ?
ジン
ジン
そーだよ!全部アイツが悪いんだから
ヘソン
ヘソン
そっか、、




はい出ました。毎朝恒例コール。
毎日よく飽きないよね。
ほんと、バカみたいw
ホソク
ホソク
てか、何しに来たの?
(なまえ)
あなた
財布取りに来ただけ
テテ
テテ
じゃあさっさと出ていけよ
(なまえ)
あなた
知ってる
ユンギ
ユンギ
口答えする時間あんならさっさと出てけ
(なまえ)
あなた
ヘソン
ヘソン
ちょっと、そんな言い方は
ジン
ジン
ヘソン。いいんだよ。
ヘソン
ヘソン
うん、、w



こう言っていたのを聞いて
私は朝ご飯を買いに行った