無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,291
2021/10/15

第8話

8話
_あなたside_







マイキー「…きろ……お…ろ…」








うぅ…なになに、ゴキでも出たかぁ?








それじゃあ仲間と共鳴してこようかn








マイキー「起きろ!!」








あなた「ひぇい…」










…え?まって、さっきまで寝ろって言ったくせして今度は起きろ?








なんだよもう(怒)←









マイキー「…腹減った。なんか食う。」








ほう。つまり作れと?((









あなた「…何が言いたいんだ…」








マイキー「おれ、おまえの、料理すき。」









いや、知らんがなぁぁぁ(泣)








あなた「やぁだ。私寝r((ガチャッ」










んぉ、なんか入ってきたぞ…








あぁ…くらげ兄さん…←








竜胆「首領。飯どうしますか?」









マイキー「あなたが作る…」









あなた「いや、作らんて。」









マイキー「お前誘拐されてるんだぞー(棒)」









あなた「えぇ…」









竜胆「首領の言うこと聞かないと、しめんぞ」









まってなにそれ、しめるってどこを??←








あ、この人目がまじだ。








あなた「あー、はいはい。作ります。作ります。」









マイキー「…ん!じゃあ、行ってこい!」









はぁ…あ、そういや私手錠…










マイキー「手錠は竜胆に外してもらえ」









竜胆「とりあえず、先キッチン行くぞ」









バタン









うっわ、ここ改めて見るとひっろいなぁ…









竜胆「ほい、手錠外しといたぞ。…んで、ここがキッチン。」









うぉぉ、すげぇ、めっちゃ豪華









竜胆「もしかしたら、おめぇゲテモン作るかもしんねぇから俺も見ててやる」









え゛、くらげ兄さんご監修のもと作るの?←








ま、とりあえず、無難に麻婆豆腐でも作りましょうか








こう見えて私はとても器用なのよおほほほ←









サクサクと私がネギを切ってるとくらげ兄さんがジーッと見つめてきた








あなた「あ、あの、くらげ兄さん…?」









竜胆「はっwなんだよそれw俺の名前は竜胆。竜胆でいいぞ。」








あ、やっぱ唯一のまとも人だ()









竜胆「量多そうだな…、俺も手伝う。」









そう言って竜胆が私の隣でネギを切る。









誘拐されてる女と反社の男が仲良くネギ切ってる光景…








なかなかシュールだろうな←









トントンとネギや、とうふを切っていると事件は起きた。