プリ小説

第5話

バスケ部初日
香月 祐真
香月 祐真
香月祐真です。
中学の時もバスケ部でした。
よろしくお願いします!
香月 翔真
香月 翔真
香月翔真です。
俺も中学の時、バスケ部でした。
よろしくお願いします!
先生
よーし
じゃあさっそく今日から練習に参加してもらうからなー
香月 翔真
香月 翔真
はい!
香月 祐真
香月 祐真
はい!
2人が部活に参加して…
先生
おっ!
なかなかいいじゃないか
あなた

(こんなに2人とも上手かったっけ?…)

ー部活終了ー
あなた

2人ともお疲れ様ー!

香月 祐真
香月 祐真
おー!
どうだったー?
なかなか良かっただろー😏
あなた

まぁ…

香月 祐真
香月 祐真
ほらなー!
あなた

で、でも!
うちのバスケ部にはまだまだだけどね!

香月 翔真
香月 翔真
素直に褒めろよなー笑
あなた

まぁ明日からも頑張ってね!

香月 祐真
香月 祐真
おう!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

soda pop
soda pop