無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9話
また、数年後です!すんません…
原作の7ヶ月くらい前です!
_______________________


あなたside
樋口一葉
樋口一葉
あなたさんッ!!!
ひぐっちゃんが飛び込んできたァ…
凄い息切れしてるし。
どうしたんだろ
あなた

どうしたの?ひぐっちゃん

樋口一葉
樋口一葉
あ、あの、ハァハァ、芥川先輩がっ!ハァハァ、泉鏡花なる少女をッ発見したと!!
……………え?
あなた

い、今……なんて?

樋口一葉
樋口一葉
はいッ、あなたさんの妹君と思われる、泉鏡花という少女を!発見いたしまいた!芥川先輩がっ!
鏡花……を?
あなた

本当に!?
え?
本当に!!?
嘘じゃない!?

樋口一葉
樋口一葉
ほ、本当です!
あなた

どどどどど、何処!?何処にいるの!!

樋口一葉
樋口一葉
え、ええとあの、1階です!
あなた

ちょっとごめん!窓ぶっ壊す!
修理費は払うから!
神の夢!『汚れっちまった悲しみに』

樋口一葉
樋口一葉
え?
私は窓を割って落ちた。
『汚れっちまった悲しみに』を使って
上からひぐっちゃんの焦る声が聞こえたけど、無視して降りた
あなた

鏡ォォォォォ花ァァァァァァ

私は叫ぶ

叫んでたら1階外に着地した

黒服いたけど無視して走って中に入った

和服を乱しながら

鏡花を探して
芥川龍之介
芥川龍之介
あなたさん、此方です
あなた

うむぅっ!
そこか!!
芥川君、鏡花は!?

泉鏡花
泉鏡花
あなた…姉…様?
あなた

鏡花!!

鏡花…


本当に





生きていてくれたんだ
あなた

鏡花ァァァァァ!!!!
うわぁぁぁん!!
探して……探してたんだよ!?
何処に…い…た…の?
ううぁぁぁ
鏡花ぁ!!

泉鏡花
泉鏡花
あなた姉…様
私は…私はぁぁぁ
うぐっぐすっ
姉様ぁぁぁあ!
私達は抱き合って泣いた
互いの体温を求めるように。
互いの存在を。
確かめるように









キャラ崩壊ッ!←_______________






泣き疲れた位できずいた
めっちゃみられてるううう
あなた

あ……(ボフッ←顔が紅くなる音

泉鏡花
泉鏡花
///…あなた姉様
芥川龍之介
芥川龍之介
あ…はい、いえ…あの
樋口一葉
樋口一葉
ええと…
あなた

そ、そうだ、芥川君!鏡花を見つけてくれて本当にありがとう!!

お礼の気持ちを込めて、芥川君をぎゅっとする
芥川龍之介
芥川龍之介
//い、いえ…
ん?芥川君、顔が赤いぞ?
風邪か?←
泉鏡花
泉鏡花
姉様……ハァ
(鈍感な所は全然変わってない)
あなた

き、鏡花、と、とりあえず私の部屋こない?

泉鏡花
泉鏡花
……行く
あなた

本当?行こ!
あ、芥川君、本当にありがとう!

芥川龍之介
芥川龍之介
いえ、では。
あなた

うん、任務頑張ってね!
バイバイ!
鏡花、行こ!

泉鏡花
泉鏡花
うん、あなた姉様










______________________
駄作者
駄作者
や、やっと鏡花ちゃん出せました…
感動の再開ですね!
…自分でかいたんですけど






-