無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

1話
雪村双葉
(熱いなー。熱があるのかなー)
実家に電話してみよ。
プルルルルルルプルルルルルル
(出ない)
出ないかー。翔北に電話しよっかな。でもみんな仕事中だよネ😱非番誰だっただけな〜。
雪村双葉
あ、名取先生だ。
でも彼氏でもないし、プライド高いし来てくれるかなぁ
電話をかけた📞
繋がった!
(電話中)
名取そうま
はい。名取です
雪村双葉
名取先生?
名取そうま
雪村さん‼︎
雪村双葉
だるくて何もできない。助けて
名取そうま
わかった。家どこ?
雪村双葉
〇〇区△△の◻︎○です
名取そうま
わかった。
(電話が切れる)
数分後
名取そうま
(着いた。鍵空いてるかな)
ガチャ
(空いてる。よかった)
寝室っぽい部屋に入ると雪村が寝ている。
汗がビッチャリ💦
名取そうま
(汗やばいな
着替えさせた方がいいかもだけど彼氏でもないし、でもこのままだと危険だ)
着替えさせ
雪村双葉
んん...
名取そうま
起きた?
熱は40.2度まあまあある。
食欲は?
雪村双葉
ない
名取そうま
なんか食えよ。持ってくる
冷蔵庫からゼリーを持ってきた
名取そうま
ほい
雪村双葉
ありがと。
雪村双葉
もう大丈夫だから。移したら悪いし
だからもう帰って
名取そうま
は?帰れるわけねーだろ
病人置いて帰る医者がいるかよ
雪村双葉
ごめんなさい
名取そうま
なれば?本貸して
雪村双葉
うん
数時間後
雪村双葉
んん...
名取そうま
あ、起きた?熱はかったけど38.0だった
雪村双葉
わかった。本当にもう良くなったから、って
えっっっ。こんな服で寝てたっけ?
名取そうま
着替えさせた。
汗かいてたからそのままだと危険だろ?
雪村双葉
(顔が真っ赤になる)
名取そうま
だ、大丈夫だよ。見ないようにやったから。
(真っ赤)
名取そうま
と、とりあえず大丈夫だから。
雪村双葉
うん。ありがと。明日もあるから今日は帰って?
名取そうま
わかった。何あったら電話しろよ
雪村双葉
うん。ありがと、名取先生
名取そうま
んじゃ。またな
次の日
雪村双葉
おはようございます。
名取そうま
おはよ。ってお前なんできてんの?
雪村双葉
え、でも熱下がったし...
名取そうま
バカかよ。普通こねーよ。
雪村双葉
何ですか?下がったんだからいいんです
名取そうま
おぉ。こわ
白石恵
おはよう。雪村さん大丈夫なの?
雪村双葉
(名取を睨みつけながら)
大丈夫です
白石恵
そう。辛くなったら言ってね。
雪村双葉
はい
冴島はるか
おはよう
藤川一男
おはよう
藤川一男
みんな早いなぁ!いいことだ!
冴島はるか
余計なこと言わない
藤川一男
はい

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りんご
りんご
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る