無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第1話

🌕







.

  今日も何事もなく学校がおわった




バイトがあったけど、今日は急遽休みになった




バイト時間よりはやく家に帰る




そしてわたしはお兄ちゃんと2人暮らしのマンション住




今日の夜ご飯はなににしよっかな〜




て 、 のんきにひとりで考えていたら家に着いた




 (名前) .
(名前) .
  ただいま ~ .  





いつもはお兄ちゃんが走って犬のように玄関まで迎えにく
るのに




今日はこない




珍しいからなんかびっくり




 (名前) .
(名前) .
  、 え ?  





この靴 、 だれのだろう




見たことないし 、 お兄ちゃんの彼女さんのかな ?




  そのままリビングにはいる




  (  ギシィ ...   )






寝室から変な音がする 、 !!?




え 、 泥棒 ?




でもお兄ちゃんの靴あったし 、 、








(あッ /// んッ /// はあッ ///)






!!!!??




なにかやらしい声が 、 、




聞いたこともない音だったから




その音に警戒心を覚え




驚きながらも寝室に近づいていった




 (名前) .
(名前) .
  え !?  お兄ちゃん !!!?  





寝室ではお兄ちゃんと見知らぬ綺麗な女性が




... え 、 えっちをしていた




見たことがない光景に 、 思わず声がでた




  飛貴 .
飛貴 .
  え !?  あなた !!!?  





お兄ちゃんもこちらに気づいた




まあ 、 あんな大きい声だしたらそりゃばれるわな 、 笑




 って !! 笑ってる場合じゃない !!




と 、 とりあえず !!




この場から去りたい !!




  飛貴 .
飛貴 .
  ちょ ! あなたどこいくの !!  





とくに行き場もなくて 、 家を出て困っていた




「 あなた ! 」 と叫ぶお兄ちゃんの声がした




いまはお兄ちゃんと会いたくない !!




なんか 、 こわい !!!




マンション付近でおどおどしていると




だれかに話しかけられた




  雄登 .
雄登 .
  え 、 あなた ?  
 (名前) .
(名前) .
  あ !! 雄登 !!  
  雄登 .
雄登 .
  なにうろちょろしてんの 笑  
 (名前) .
(名前) .
  ちょ !!  そんなことより !!!  
  雄登 .
雄登 .
  ん ?  
 (名前) .
(名前) .
  家いれて !!  










ねくすと










┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

新しい物語はじめました🙌🏻

いろいろ中途半端に進んでて申し訳ないです💦

でも、読んでくれると嬉しいです🤭

いいね、お気に入り、コメント、よろしくおねがい致します😌🤍

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈