無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

16

彼女には、隠された秘密がある。

全て知っているという訳では無いが、知り合いの中では俺が1番知っているだろう。

そんな彼女も、今では愛らしく感じる。

兄弟のようで、家族のよう。

親バカみたいに言われるけれど、それでもいい。

彼女が笑ってくれるなら。

2人で笑い合えるなら。

それだけで、幸せだ。


*

私を救ってくれた、金髪の魔法使い。

その優しい声と、暖かい温もりが大好き。

でも本当は、女の子みたいで甘党。

これこそが、ギャップ萌えってやつかな?w

でも、そんな所も大好き。

私の兄的存在のあなた。

これからも、沢山迷惑かけると思うけど、仕方ないと思って許して欲しい。

隣で、笑い続けてな?

それだけで、いいのだから。


*



大好きやで。


『ぐるちゃ/あなた』