無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

30
あなたside



勝手に連れてきちゃったけどいいかな…?





いいよね!←
(なまえ)
あなた
ジュン先p
ジュン
ジュン
あなた!って…アリン…なんで…
アリン
アリン
ジュンくん!!!


そう叫んでジュン先輩に抱きつくアリンちゃん
(なまえ)
あなた
ぇ、?


どういう…関係…?
(なまえ)
あなた
えっと…どうi
アリン
アリン
会いたかったんだから!!
ジュン
ジュン
はぁ!?お前…自分が何したか…!!



…何が起こってるの…?





訳が分からない…




結局2人は今、黙り込んで





ひたすらご飯を食べてる…







気まづいんだが、、、!!←
(なまえ)
あなた
ぁ、もうすぐチャイムなるから
アリンちゃん戻ろっか、!
アリン
アリン
あ、え、そうだね、!
(なまえ)
あなた
ジュン先輩!失礼しました!
ジュン
ジュン
あ、あぁ、!あなたまたね、!
(なまえ)
あなた
はい!
アリン
アリン
ジュンくんまたね!
ジュン
ジュン
アリン
アリン
チッ…(((ボソ





私達が戻ってる途中
ハユル
ハユル
~~~~~!
ぐく
ぐく
〜〜〜〜〜!
てひょん
てひょん
ーーーーーーー!



楽しそうに話しながら歩いてる3人





あぁ、私も皆と食べたかったな、
アリン
アリン
ねぇ、
急に話しかけられたのと、





さっきの声とは違う






アリンちゃんの低い声にびっくりしてると
アリン
アリン
聞いてんの?
(なまえ)
あなた
ぇ、っと、アリン、ちゃん…?
アリン
アリン
名前呼ぶなよ。
てか放課後の学校案内、
あんたがしてくれるんでしょ?
(なまえ)
あなた
は、はい、
アリン
アリン
そん時、話あるから
それだけ言うと






その場から離れていくアリンちゃん、





あぁ、怖かったのは裏の顔があるからだったんだ。





NEXT→