無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7


それからも僕等は活動を続けた。


フォロワーさんやいいねの数も


どんどんと増えていった。


そうしていくうちに上がってきた


他のSNSもはじめてほしい


という意見。僕等はそれを取り入れた。


Twitter、Instagram、YouTube。


はじめると、喜びの声が上がった。


TikTokもYouTubeもフォロワーや


チャンネル登録者数が50万人を


超えた頃のこと。


とある木曜日の夜のこと。


毎晩聞こえてくるはずの


あの歌声が今日は聞こえてこない。


「いつもこの時間に聞こえるんだけどな…」


まあ、寝落ちしちゃってるのかな、。






だがその翌日の夜も、


声は全く聞こえることはなかった。


流石に少し心配になる。


メールをしてみても、


返信どころか既読もつかない。


僕は不安を覚えた。







そして土曜日がやってきた。


今日はいつもと少し違い、


TikTok、YouTubeの撮影に、


とある取材がくる。


集合時間は10:00。


現在時刻は9:45。


いつもなら10分前にはここに来る。


9:56。まだあなたは来ない。


不安の波が押し寄せてくる。


そして10:30。


まだ来ていなかった。


11:00。玄関のチャイムが鳴る。


直ぐ様鍵を開けた。


だがそこにいたのはスーツを着た男だった。


『こんにちはー、カルミア様の取材に
参りました、中村です。』


「あ、よろしくお願いします…」


「申し訳ないですがまだもう一人が
来れていなくて…」


『そうですか…すこしここで
待たせていただいてもいいです?』


「ええ。すいません。」








12:30。


『すいません、次の仕事に間に合わなくなるのでここで失礼させて頂きます。』


「お待ちいただいたのにごめんなさい…」


「わざわざおいでくださり
ありがとうございました。」


『いえいえ。また機会があれば
よろしくお願いします。』


そうして男性は帰っていった。